« 核実験 | トップページ | 奇跡の勝利 »

2017年9月 4日 (月)

水爆かも

 その規模からすれば、水爆かもという観測。
 石油の禁輸などさらに制裁の強化を。
 核保有は絶対に認められない・・・
 安倍さんは繰り返すが、敵視する限り、身を守るために絶対に核を手放すことはない。最後は、力を使う以外に手段はない。そして、破滅的な結果をもたらす・・
 核保有を認めるか否かという時期はすでに過ぎ、核保有という現実がそこにある。その事実に正面から向き合い、核が使用されない環境を作ることが、今なすべき外交。
 まず、米韓と北の戦争状態を集結し平和条約を結ぶ。日本など他の国も国交を樹立し交流を進める。そうすれば、核を持っていても使用する危険性はなくなる。
 そして、長期的に、体制が転換し軍事政策が変わることを待つ。
 これ以外にない。

人気ブログランキングへ

|

« 核実験 | トップページ | 奇跡の勝利 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

 十分に満足出来るものとは言えなかったにしても、蓮池さん、地村さん、曽我さんらの帰国が実現したのは、日朝国交正常化交渉を促進するという政治判断が当時の日本政府に存在したからです。
 翻って、拉致被害者の救出を “自己宣伝” の
金看板に最大限利用して総理に出世した安倍氏の
実際の行動は、具体的成果の何もない
“進軍ラッパ” を吹き鳴らすことだけでした。
 更に、それだけにのみならず、国民の一部に
存在していた中韓両国に対する民族差別感情を
“進んで利用” しながら自らの中核的な支持層と
するなど、およそ真剣に地域の平和と安定を
希求する人物のすることには思えません。
 いざとなれば、日本は韓国とともに “捨てゴマ”
とされることなど解りきっているのに、何ひとつ
日本が主体的に危機を回避するための行動をしない、できない … 。
 事実上、外交主権を剥奪された状態を七十年も
続けてきた結果はとは言え、余りの情けなさに
言葉を失います。
 

投稿: 「外交不在」 | 2017年9月 6日 (水) 00時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/65751608

この記事へのトラックバック一覧です: 水爆かも:

« 核実験 | トップページ | 奇跡の勝利 »