« 民進党の解体 | トップページ | 民進党の解体(3) »

2017年9月30日 (土)

民進党の解体(2)

 全国の党員や支援者、地方議員たちに何の説明もされないままに、国会議員だけの判断で政党が解体される。
 そこから端的に見えるのは、今の政党は、実質的には国会議員の集まりに過ぎず、全国の市民、国民レベルの基盤を持たないこと。
 政党とは、本来そういうものではない。
 理念を同じくするものが相集い政治団体を作り、その理念を実現するために自前の政治家を作る。つまり、政治家は手段に過ぎない。
 共有すべき理念があり、そこに市民が参加する限り、活動は継続する。
 手段である政治家が、その保身のために本体の政治団体を解体し、他の政党に合流する、本末転倒である。

人気ブログランキングへ

|

« 民進党の解体 | トップページ | 民進党の解体(3) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

 一般市民の間では右派保守派が八割ということは有り得ないのに、なぜ政治家となるとそういうことになるのか、それは例えば “ナショナル政経塾” などに典型的なように、彼らの多くが “自己実現の手段” として、“政治業界に就職” したような意識でいるからでしょう。自己の信念を主張して “上司” と対立するより、易きに流れて保身だけを考えるようになるのは、あたりまえと言えばごくあたりまえなことのように思われます。
 細川、小沢、小泉、民主党政権、橋下維新、安倍、そして現在の小池百合子。
 手垢にまみれた “改革” という言葉がいまだに
効力を持つかのように主張するのは、実はあまり
大してセンスが良くないのではないかと、いう気もするのですが、「保守を前提にするから」、“改革”
にとどまるのであって、しかしその類いの “改革” を
十年も二十年も続けても “国勢” は停滞するばかりなわけで …
みんないい加減に目を覚ませ、そう提唱できるような人物こそ、真に責任感を持つリーダーとしてこの時代に相応しいのではないでしょうか。

投稿: 「保守の限界」 | 2017年10月 1日 (日) 01時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/65857581

この記事へのトラックバック一覧です: 民進党の解体(2):

« 民進党の解体 | トップページ | 民進党の解体(3) »