« 除名 | トップページ | PAC3の訓練 »

2017年8月24日 (木)

野球のこと

 DeNA相手に、3連続サヨナラ負け。
 すべての歯車が狂い始めており、混戦になるかも。
 勝てば嬉しいし、負ければ気分が悪い。
 他人がやっていることだと冷静を装うとするが・・・
 昔、長野県庁に勤めたときのこと、お世話になった幹部職員の中に巨人の熱狂的なファンが。その方曰く「怖くてテレビを見ることができない」
 当時は笑っていたが、今になって、お気持ちがよくわかる。

人気ブログランキングへ

|

« 除名 | トップページ | PAC3の訓練 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

さすがに、まだまだという感じには見えますが …
しかし、それにしても最近はどこのチームと
言わずその “実力” 以上に、やたら連勝、連敗
といった話が目立つような気がします。
確かに、“勝負事” ではありますし、リズム、
とでも言ったものが大きく作用するであろう
ことは理解できますが、ひとつには野球その
ものが、選手個人それぞれの「技量」で戦う
というより、
(野村ID野球とか持てはやされた頃から特に)
データ活用等に依存した、“組織の力” で戦う
時代になった、それゆえチームとしての
“歯車” が少しでもおかしくなると、選手ひとり
ひとりの力では如何ともし難い状況が生まれ
易いのではないか …
これは何もプロ野球に限らず、昨日の広陵の
不可解にも見える失点パターンなどからも
窺い見ることが出来るようことに思います。
(個人の精神力に答を求めるのは簡単ですから …)
中村選手の「記録だけではなく、記憶にも残る
選手になりたかった …」この言葉は、おそらく
本人が意識している以上に、現在の
“チームという組織に管理された” 野球を
よく表現しているのではないでしょうか。

投稿: 「英雄豪傑」 | 2017年8月25日 (金) 02時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/65705230

この記事へのトラックバック一覧です: 野球のこと:

« 除名 | トップページ | PAC3の訓練 »