« 広島県西部住民の会の学習会 | トップページ | 二元代表制 »

2017年7月 3日 (月)

都議会議員選挙

 昨日の都議選で、小池さんが代表を努める都民ファーストが圧勝。
 森友・加計学園問題などをめぐる政治の混乱などが背景にあるとは言え、既存の政党に替わる新しい受け皿が求められていることがよくわかる。
 しかし、小池さんは、元々自民党であり、都民目線、情報公開、東京改革などと言っても、その本気度は依然として未知数。
 個人の人気に依存する危うさも伴う。

人気ブログランキングへ

|

« 広島県西部住民の会の学習会 | トップページ | 二元代表制 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

 やはり最大の問題は、「政治家を志望する」
人間の動機が、単なる “個人的な功名心” の枠を超えるものでないことにあるのではないでしょうか。
 こうした人物の最大の関心事は (口ではどう
言おうと)「社会」ではなく “自分” にあるわけで、
結局、この「限界」が、既存の秩序に “迎合”
(良くて “屈服” )することしか考えない
「意気地なし」の群れに繋がっているわけです。
 しかし、4 割の投票率が 5 割に上昇しただけで、
これほど凄まじい “破壊力” を発揮することが出来る
わけで、国民を “寝たまま” にしておきたい連中の思惑にいつまでも操られていてはなりませんね …

投稿: 「志望動機」 | 2017年7月 4日 (火) 19時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/65490728

この記事へのトラックバック一覧です: 都議会議員選挙:

« 広島県西部住民の会の学習会 | トップページ | 二元代表制 »