« 辺野古差止の提訴 | トップページ | 大臣規範 »

2017年7月27日 (木)

辞任

 稲田防衛大臣が遂に責任をとって辞意を表明。事務次官と陸上幕僚長も同様に辞職とのこと。
 ただ、辞めて頬かむりするのではなく、安倍さんの関与なども含めて事実関係をきちんと明らかにすべき。
 さらに、蓮舫民進党代表も辞めるという。
 ここは、足の引っ張り合いばかりで、まとまって協力するという動きが見られない。基本的考え方の違う人達も多く、分裂するかも。

人気ブログランキングへ

|

« 辺野古差止の提訴 | トップページ | 大臣規範 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

稲田という人は、(お父上の “思想” を継承
されたそうですが … ) 一般的な社会常識と
いう面に照らしても特異な人物であり、
ゆえに、“同類項” の総理に “嘱望されて”
政界入りしていたそうです。
今回の、防衛相としての一連の “行状”
以前の問題として、彼女のような “素性”
を持つ人が (安倍氏もですが) そのことを
十分に認知されないまま、“選挙の洗礼”
を通過出来ていたことは、民主主義社会
として日本が未だ未熟であることの
証左のように思えます。
「自民党の “二軍” なら、いつでも政権に
つくことが出来る … 」
これは、“我先に” 民進党から “脱走” した
東京選出の某議員の発言らしいのですが、
“一軍の自民党” が形成してきた社会体制
が示す限界、綻びが、今や国のあらゆる
分野で “足枷” になっている現実を直視
せず、敢えて、意図的に目を叛けようと
しているとしか思えません。
民進党の少なからず多くの議員、橋下系、
小池系もおそらく同様に思えますが、
結局、自分が “一軍に昇格” することが
目的であり、日本を閉塞状態に陥らせて
いる「枠組み」自体の打破に踏み込む
勇気も情熱もない人物に期待できるものは
何もないと思います。

投稿: 「枠組みの打破」 | 2017年7月28日 (金) 02時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/65588339

この記事へのトラックバック一覧です: 辞任:

« 辺野古差止の提訴 | トップページ | 大臣規範 »