« 岩国市からの回答(2) | トップページ | 基地開放 »

2017年5月 5日 (金)

安倍首相の憲法改正案

 憲法記念日の3日、安倍さんは、突然、具体的な9条改正案を提示した。
 9条の1項(戦争放棄)と2項(戦力の不保持)をそのまま残し、自衛隊を明文化するというもの。
 多くの国民が自衛隊を認めており、これなら抵抗が少ないと踏んでいるのだろうが、彼の本音は普通の軍隊を持つことである。自衛隊が明文化されれば、必然的に2項(戦力の不保持)は有名無実化されることになる。
 民進党の中にも、これに賛同する有力な意見があるというから驚く。
0505

人気ブログランキングへ

|

« 岩国市からの回答(2) | トップページ | 基地開放 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

百歩譲って “換骨奪胎” の良い意味を見出だそうにも、それを言い出す安倍さんを支える人たちの “本音” が、「平和主義」の原則が堅持されることを望む多くの国民の立場からすれば、あまりにも “ブラック” 過ぎて、お話にならない …
そんなところでしょうか。
駆逐艦を護衛艦、かつては “戦車” という表現さえNGワードとされていたように、憲法の規定する表現上の「縛り」が、自衛隊の過度の
増強に対する牽制効果を有していたことは
間違いなく、日本が ”軍事強国“ として米国と
ともに中国に対峙する … (安倍さんたちの願望)
未来を真剣に望むのでないなら、耳を貸す必要
のあることではないように思われます。
(現にあるだけで十分 … )
(軍拡競争に巻き込まれ、経済の疲弊も進み、
社会保障は一層 “日陰者” 扱いに … )
安倍さんは「平和を望む」ふつうの国民とは
異質の考え方を持つ、その意味で “アブナイ”
人だよ …
そういう事実を広く世間に知れ渡らせる必要が
あります。

投稿: 「望むものの違い」 | 2017年5月 6日 (土) 14時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/65240598

この記事へのトラックバック一覧です: 安倍首相の憲法改正案:

« 岩国市からの回答(2) | トップページ | 基地開放 »