« 住民説明会 | トップページ | 岩国の危険性 »

2017年5月22日 (月)

何でもお金

 住民説明会に参加して感じたこと。
 「何でもかんでもお金」
 騒音被害などの問題にはほとんど触れず、
 あれやりました、これやります・・・のオンパレードには呆れる。
 しかも、道路や教育、子育てなど他省庁に関するものもすべて防衛省へのおねだり。
 防衛省の交付金・補助金は、言うまでもなく基地と引き換えのアメであり、従来は、お金の出どころを明示することはなかったが、今は、積極的に宣伝している。
 つまり、国のために補助金等の効果が高まるよう協力している。
 いくらアメで子育て支援などの政策を行っても、一方で基地が強化され住みにくいまちになれば、若者を含めて人口は確実に減少する。
 本当に必要な政策であれば、厳しくとも自前の財源をひねり出すべき。

人気ブログランキングへ

|

« 住民説明会 | トップページ | 岩国の危険性 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

どうでも良いことは防災無線を使って一日に何度も叫ぶが
今回の住民説明会のような岩国の将来を決める大事なことは 防災無線を使わず ほとんどの住民が知らない中 コッソリと行われる

基地の補助金でアレやコレをやったと何を威張るのだろうか? そんなことをやるのが政治じゃないのか? 恥を知れ!

投稿: カエル | 2017年5月23日 (火) 14時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/65316146

この記事へのトラックバック一覧です: 何でもお金:

« 住民説明会 | トップページ | 岩国の危険性 »