« 財務省の態度(2) | トップページ | 岩国市からの回答 »

2017年5月 1日 (月)

米艦防護

 海上自衛隊の護衛艦「いずも」が、米海軍の補給艦の防護に当たった。
 いわゆる「米艦防護」である。
 今回は、安保法制に基づく新しい任務としてのデモンストレーションであり、日本近海の安全な海域で行われたが、法律上は、日本海に展開する空母カールビンソンの防護も可能である。
 米艦が攻撃を受ければ自衛隊は当然反撃することになり、相手国から見れば、一体として敵対国とみなされる。
 憲法9条の形骸化がさらに進む。
0501

人気ブログランキングへ

|

« 財務省の態度(2) | トップページ | 岩国市からの回答 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

 もはや、世界の “強国” はアメリカ一国ではない、という時代が目前まで迫っているのに、
なぜ敢えて、その一国に懸命に “抱きつく” ことばかり考えるのでしょうか?
 日本という国や国民の利益よりも、この国の中に張り巡らされた米国の影響力という後ろ盾を失えば、自分たちの権力基盤が忽ち危機に晒されるに違いないという強迫観念が、この国の
支配層の脳裏の相当部分を占めているであろう
ことは間違いないと思われます。
 東西冷戦期、米ソ対立の最前線の矢面にあった北欧諸国の外交の知恵など、この国の支配層には望むらくもないのかも知れませんが、
「支配者にとっての利益」と
「国民にとっての利益」は必ずしも共通ではない、ということを、この度のミサイル騒動で
考えて見ても良いのではないでしょうか。 

投稿: 「国民の利益、支配層の利益」 | 2017年5月 2日 (火) 00時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/65223193

この記事へのトラックバック一覧です: 米艦防護:

« 財務省の態度(2) | トップページ | 岩国市からの回答 »