« 安心安全対策の実施状況 | トップページ | 名護市長のコメント »

2017年5月15日 (月)

本土復帰45年

 沖縄の本土復帰45周年を迎えて、翁長知事は、「広大な米軍基地の存在は沖縄の振興発展の最大の阻害要因」とする趣旨のコメントを発表。
 現在も、在日米軍基地の70%が集中し、さらに、辺野古の新基地建設という新たな負担を押し付けられようとしている。
 県民の思いを顧みない国の強引なやり方、これが私たちの政府かと思うと恥ずかしいし、申し訳ない思いがする。
 そんな中、岩国市長が沖縄を訪問。普天間移設の目処が立ったと言うのだろうか。沖縄の人の思いを考えると、こちらも恥ずかしいかぎり。

人気ブログランキングへ

|

« 安心安全対策の実施状況 | トップページ | 名護市長のコメント »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

何の大義名分で辺野古へ?
今回も御一行様の不思議な視察旅行

米軍と仲良く写真に収まり なーんだ今回も米軍の招待ではないのかと

公費を使っての事 1分1秒 何をしてたのか詳しく説明してもらいましょう

投稿: カエル | 2017年5月16日 (火) 21時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/65284416

この記事へのトラックバック一覧です: 本土復帰45年:

« 安心安全対策の実施状況 | トップページ | 名護市長のコメント »