« 教育勅語の復活? | トップページ | 平和を愛する女性 »

2017年4月 3日 (月)

教育勅語(2)

「一旦緩󠄁急󠄁アレハ義勇󠄁公󠄁ニ奉シ以テ天壤無窮󠄁ノ皇運󠄁ヲ扶翼󠄂スヘシ」
(万一危急の大事が起ったならば、大義に基づいて勇気をふるい一身を捧げて皇室国家の為につくせ)
 安倍さんや菅官房長官は、親孝行などいいことが書いてあるととぼけたことを言うが、上記が本質である。
 その教育勅語を教材として使ってもいいとの閣議決定が行われたようだが、政権の本質をよく表している。
 私も含めて多くの人にとってはすでに歴史になっているものを、わざわざ評価し復活させようとする。今の政治は、国民の意思とは無関係に、一部の特殊な意思を代表するに過ぎない・

人気ブログランキングへ

|

« 教育勅語の復活? | トップページ | 平和を愛する女性 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/65105026

この記事へのトラックバック一覧です: 教育勅語(2):

« 教育勅語の復活? | トップページ | 平和を愛する女性 »