« 証人喚問 | トップページ | 夫人の口利き(2) »

2017年3月25日 (土)

夫人の口利き

 内閣総理大臣夫人付という肩書を持つ女性から、籠池理事長宛にFAXが出されており、その主な内容を抜粋してみる。
 本文で、
・籠池氏からの売買予約付定期借地契約に関する資料を受領していること。
・財務省に問い合わせ、国有財産審理室長から回答を得たこと。
・現状では希望に沿えないが、引き続き、当方としても見守っていくいくこと。
・この件を昭恵夫人に報告していること。
 さらに、国有財産審理室長からの回答内容が記載されている。主な内容は、次の通り。
・定期借地の期間を3年から10年に延長することは難しい。
・社会福祉法人を対象とした50年間の定期借地を学校等に拡大することは検討されていない。
・土壌汚染や埋設物の撤去期間も賃料が発生し、撤去に要した費用は買受の際に考慮される。
・工事費の立て替え払いの返金については、28年度での予算措置を行う方向で調整中。
 要するに、籠池理事長の意を受けて、昭恵夫人が、お付きの女性を通じて財務省に働きかけを行っているのであり、これがまさしく「口利き」である。

人気ブログランキングへ

|

« 証人喚問 | トップページ | 夫人の口利き(2) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/65065908

この記事へのトラックバック一覧です: 夫人の口利き:

« 証人喚問 | トップページ | 夫人の口利き(2) »