« 昭恵夫人への籠池氏の手紙 | トップページ | 昭恵夫人ルート »

2017年3月31日 (金)

個人で保有

 菅官房長官の発言には、驚いた。
 総理大臣夫人付きから籠池氏に出されたFAXは、夫人付きの職員が個人で作成し保有していたものであるという。
 籠池氏は、もちろん、昭恵夫人に対して陳情を行ったものであること。
 夫人付きの秘書は、言うまでもなく昭恵夫人のために仕事をしているのであり、すべての陳情について本人に報告、相談して入るはず。特に、親密な関係にある籠池氏からの陳情を勝手に処理することは絶対にない。
 財務省も、昭恵夫人からの依頼だからこそ、丁寧な対応をし文書で回答している。
 ここまで見てくると、関与していないどころか、今回の問題では昭恵夫人ルートが重要な役割を果たしていることが推測できる。
 とすれば、このルートでやり取りされた文書は、他にもたくさんあるはずであり、それらが出てくれば、忖度などではなく、安倍夫妻の濃厚な関与が明らかになる。
0331

人気ブログランキングへ

|

« 昭恵夫人への籠池氏の手紙 | トップページ | 昭恵夫人ルート »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

菅という人は、これまで安倍政権が
いかにも安定しているかのように “見せてきた”
まあ、官房長官としては有能な人物だったの
でしょうが、時折見せる強権的な人間性そのものを窺い知れる態度、地元横浜を接点とした
“闇社会” との繋がりの噂など、相当に
“ブラック” な人物では、という印象があります。
恥と言うものを知らない内閣を、“問題ない、
そうだろう?” という、恫喝のマジックワードで
“防衛” してきました。
安倍以降、ということを考えた時、一番の
要注意人物のように思われます。
どなたかが言われていましたが、今が日本が
「法の支配」する国に復帰することが出来るのか、
それともこのまま「人治主義」の国に突き進むのか、
分水嶺なのではないでしょうか。

投稿: 「分水嶺」 | 2017年4月 1日 (土) 01時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/65091478

この記事へのトラックバック一覧です: 個人で保有:

« 昭恵夫人への籠池氏の手紙 | トップページ | 昭恵夫人ルート »