« 空母艦載機の移駐 | トップページ | 艦載機の激しい訓練について »

2017年2月 9日 (木)

艦載機移駐の問題点

「騒音予測図(コンター)によれば、騒音はそれほどひどくならない」
 国の説明であるが、あの激しい訓練をすることで有名な空母艦載機を考えれば、とても信じられる話ではない。
 コンターの詳細はよくわからないが、一つの基準として、1日の標準飛行回数がある。それは、1年間を通した1日の飛行回数の多い方から何十番目かの飛行回数をとったものとのこと。今回の数字は、458回(その内、艦載機は145回)とされている。
 しかし、艦載機が岩国に滞在するのは空母が横須賀に寄港する期間(3〜4ヶ月程度)であり、その他の常駐する航空機と一緒にして標準飛行回数を取るのは、実態に合わない。仮に艦載機の滞在する期間に限定して考えれば、数値は相当高くなるのではないか。

人気ブログランキングへ

|

« 空母艦載機の移駐 | トップページ | 艦載機の激しい訓練について »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/64871897

この記事へのトラックバック一覧です: 艦載機移駐の問題点:

« 空母艦載機の移駐 | トップページ | 艦載機の激しい訓練について »