« 空母艦載機の移駐計画 | トップページ | 大統領令 »

2017年1月28日 (土)

空母艦載機の移駐(2)

山口県と岩国市は、騒音や安全性などについて文書で照会し、改めて「基地機能の強化」に該当するかどうか判断するとしている。
 国からの説明、地元からの照会、その回答を得て追認。こうした形式的な手続きには何の意味もない。すでに準備万端整っており、今更「機能強化になるので容認しない」という選択肢はまったく残されていない。
 「まだ容認していない」という言葉は、市民をごまかすための手段に過ぎない。
「市民の安全安心など関係ない。国の言う通りにするからもっとお金をくれ」
 恥ずかしながら、これが、今の市政の本質である。

人気ブログランキングへ

|

« 空母艦載機の移駐計画 | トップページ | 大統領令 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

直前までごまかし続けるという不誠実
そのものの態度が示すのは、
ありのままを正直に市民県民に伝える
ことに「自分たちの」メリットは何もない、
“利権所有者”以外の数に勝る市民県民に
正々堂々判断を求めることから
取り敢えず「逃げ」ておくこと以上の
「自分たちにとって」得策はない、
既成事実が形成された後で、
「デキタモノハシカタガナイ…」から
追認。
常套手段です。

投稿: 「詐欺師」 | 2017年1月29日 (日) 14時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/64820237

この記事へのトラックバック一覧です: 空母艦載機の移駐(2):

« 空母艦載機の移駐計画 | トップページ | 大統領令 »