« 読み違い? | トップページ | 空母艦載機の移駐(2) »

2017年1月27日 (金)

空母艦載機の移駐計画

 国の説明によると、艦載機の岩国への移駐は次の通り実施される。
・2017年7月 E-2D早期警戒機5機
・2017年11月 FA18ホーネット戦闘攻撃機24〜26機
・2018年1月 EA-18Gグラウラー電子戦機6機、C-2輸送機2機
・2018年5月 FA18ホーネット戦闘攻撃機24〜26機
 合計61機。これに伴う軍人、家族は約3,800人。
 アメリカから移駐の具体的スケジュールが示されたわけであるが、山口県と岩国市は、「まだ容認していない」という。

人気ブログランキングへ

|

« 読み違い? | トップページ | 空母艦載機の移駐(2) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

県・市は「まだ容認していない」といっている。、県・市は移駐が実施されることを認める。
主語は同一。意味のわからないことが起こるものです。
話が分からないのは私だけなのでしょうか。岩国市はどこかが変ではありませんか?

投稿: いち市民 | 2017年1月28日 (土) 09時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/64817439

この記事へのトラックバック一覧です: 空母艦載機の移駐計画:

« 読み違い? | トップページ | 空母艦載機の移駐(2) »