« トランプ大統領の就任演説より | トップページ | 読み違い? »

2017年1月24日 (火)

就任演説より

アメリカは大きくかわろうとしている。
 国益を最優先に政治を行い、保護主義を取ることが明確に宣言されている。
 歴史的にはモンロー主義(孤立主義)と言われた国であり、貧困や格差の拡大を前にして内向きになることは十分ありうること。
 いい悪いの問題ではなく、現実である。
 アメリカに従っていればいいという従来の発想では、変化に対応できない。
 日本としての主体性を取り戻すべき時。

人気ブログランキングへ

|

« トランプ大統領の就任演説より | トップページ | 読み違い? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

ひとつだけ確かに言えることは、
保守派の方々がその“名誉”を守りたくて仕方がない「かつての日本政府」が
「無謀で愚かな」アジア太平洋戦争
という「大失政」を犯しさえしなければ、
なかば“半占領状態”が永久に継続して
いるかのような従属の現実も、
岩国や沖縄へ米軍が駐留し続けるという
状況も、あり得なかったということでは
ないでしょうか。
“日米同盟”を殊更に美化したがる
今の政権の姿勢には、「敗戦という不名誉」の結果、現状がある、という事実も
“歴史修正”したい願望がありそうです、


投稿: 「敗戦の結果」 | 2017年1月25日 (水) 12時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/64805541

この記事へのトラックバック一覧です: 就任演説より:

« トランプ大統領の就任演説より | トップページ | 読み違い? »