« f-35b岩国配備の容認 | トップページ | 草の根の運営 »

2016年12月23日 (金)

負担軽減?

「沖縄の本土復帰後、最大規模の返還だ。基地負担軽減に大きく資する」「基地負担軽減を掲げている知事が出席しなかったのは極めて残念。返還(の実現)はそんなに軽い話ではない」
 北部訓練場返還式で、胸を張って見せた菅官房長官。
 しかし、その見返りに、新たに6箇所のヘリパッドが建設され、オスプレイが飛び回ることに。
 同じ日、同じ名護市で、オスプレイの撤去を求める集会が開催され、4,000人余りが参加。知事と市長もその中に。
 軽減どころではなく、負担と危険の増大というのが人々の率直な思い。
 ここまで地元の意向を無視して基地を作る意味がどこにあるのか。
 そもそも、国にそんな権限があるのか。
1223_2

人気ブログランキングへ

|

« f-35b岩国配備の容認 | トップページ | 草の根の運営 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

2000年には、「世界第2位」だった日本の
「国民1人あたり」GDPは、ついに
「世界20位」まで転落したそうです。
“世界3位”は単に人口が多いゆえ、という
だけのこと、それとてもはやお隣中国の
半分…
この“凋落”ぶりを見るだけで、この国で
一貫して権力を維持している勢力の
「無能」ぶり、“賞味期限”の切れ具合の
半端なさの証明になると思います…

投稿: 「無能な政権」 | 2016年12月24日 (土) 09時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/64665204

この記事へのトラックバック一覧です: 負担軽減?:

« f-35b岩国配備の容認 | トップページ | 草の根の運営 »