« 真珠湾訪問 | トップページ | 年の終わりに »

2016年12月30日 (金)

戦争という過ち

 演説の冒頭で、あの日の朝、突然日常を奪われた人々に対して深い哀悼の意を表しながら、その行為の非を認めるという趣旨の表現はまったくなかった。
 反対する世論があることがその理由とされているが、それは、一部、安倍さんの取り巻き、そのグループなどの意見に過ぎず、一般には、それほど抵抗感はないのではないか。
 彼にとって、戦争に負けたこととアメリカに付き従っていることは認めても、戦争が過ちであったこと、多くの国の人々を苦しめたことを認めることはできないようだ。
 歴史を直視し、反省し、教訓にすることにより、人類は進歩する。
 言葉だけで行動の伴わない安倍さんのもとでは、アジア諸国との本当の和解は決してできないであろう。
春の兆し?
1230

人気ブログランキングへ

|

« 真珠湾訪問 | トップページ | 年の終わりに »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/64696869

この記事へのトラックバック一覧です: 戦争という過ち:

« 真珠湾訪問 | トップページ | 年の終わりに »