« F-35B岩国配備に関する申し入れ | トップページ | 議会と予算編成 »

2016年12月 2日 (金)

政党復活枠の廃止

 小池都知事が表明した予算編成における「政党復活枠」が話題になっている。
 こんなものがあったのかと、驚く。
 知事など首長が予算案を編成し、議会に提出する。
 議会は、予算を審議し決定する。
 議会が決定した予算を首長が執行する。
 地方自治法に規定された首長と議会の役割、権限である。
 「政党復活枠」なるものは、この首長の予算編成権を犯すものである。
 さらに、優先順位が低くても、政党の要望により予算化されることになれば、税金の無駄遣いになる。言葉を変えれば、議員への利益誘導が公然と行われることになる。
 あってはならないものであり、廃止は当然。

人気ブログランキングへ

|

« F-35B岩国配備に関する申し入れ | トップページ | 議会と予算編成 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

 確かに、これなど(小池氏の意図はともかくとして)実態が本当に
透明化されるのであれば改善の一歩と言えるでしょう。
 しかし、こうした大半の人には誰かに“解説”してもらわなければ理解
出来ないであろう課題が、どれだけ都知事の“手柄”として認識される
ものかは未知数なように思います。
 もはや“がんじがらめ”にしか見えないオリンピックから「都民の生活
を守る」ために“撤退”するとか(笑)、これ以上一文も出さないと、
費用支出に厳格な枠をはめるとか、そういうことをして欲しい。
 今日の最大のトピックは、
「ギャンブルを合法化する法案」を、
「安倍内閣が2日の審議で強行採決」でしょう。
 安倍氏が異様なまでに警戒する「レッテル」。
「名は体を表す」正確な「レッテル」が、政治に無関心な人々に
注意喚起するには、極めて有効なのではないでしょうか。

投稿: 正確な「レッテル」 | 2016年12月 3日 (土) 13時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/64573807

この記事へのトラックバック一覧です: 政党復活枠の廃止:

« F-35B岩国配備に関する申し入れ | トップページ | 議会と予算編成 »