« 1208おかしな都議会 | トップページ | TPPの国会承認 »

2016年12月 9日 (金)

おかしな都議会(2)

 答弁の事前調整は問題であるが、岩国市議会や山口県議会では、事前調整どころか、質問そのものを行政に考えてもらう場合や、極端な例としては、行政側のやらせ質問さえあるという。こうなると、開いた口が塞がらない。
 昨日行われた都議会の一般質問が、これまた異常である。
 1人当たりの質問時間が10数分、17人が質問し、1日で終わりという。他の自治体では、一般質問の質問時間は30〜40分、3〜4日行われるのが通常である。
 これでは、十分な質問はできないし、100人を超える都議会議員のうち、何もしない議員がほとんどか。
 要するに、議員の数も多過ぎるし、政務活動費(山口県議会の約2倍の60万円)も廃止した方がいい。

人気ブログランキングへ

|

« 1208おかしな都議会 | トップページ | TPPの国会承認 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/64604322

この記事へのトラックバック一覧です: おかしな都議会(2):

« 1208おかしな都議会 | トップページ | TPPの国会承認 »