« F-35Bの配備容認 | トップページ | 負担軽減? »

2016年12月23日 (金)

f-35b岩国配備の容認

 昨日、市長が上京、防衛大臣と外務副大臣に面会。
 米軍機の重大事故が相次ぎ安全対策が問題になっているので、当然、その話で行ったのかと思っていたが、どうも、彼の本音はそこにはないようだ。
「南バイパスの南伸、黒磯地区のまちづくり支援などについて、実効性のある対応を検討していただきたい」
「力強い回答をいただいたので、今般の配備計画を了承する」
 市長の発言であるが、市民の安全などそっちのけで、これを機会にとおねだりをする。
 なんと表現したらいいのか、恥ずかしくて、同じ空気を吸いたくない思い。

人気ブログランキングへ

|

« F-35Bの配備容認 | トップページ | 負担軽減? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

街づくりや道路の延伸を防衛庁や外務省の大臣や副大臣になぜ要請するのか、
要請先が間違っていることは子供でも分かる。に見える。
水道工事も防衛庁の助成看板、岩国市は防衛庁の下部組織なのだろうか。
「お手伝いするからしっかりお小遣いをちょうだい」と全く同じ下手なドラマに見える。
マスコミは何をねだったのか、しっかり中味を報道してほしい。

投稿: 清流 | 2016年12月23日 (金) 08時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/64661064

この記事へのトラックバック一覧です: f-35b岩国配備の容認:

« F-35Bの配備容認 | トップページ | 負担軽減? »