« F-35Bステルス戦闘機の配備 | トップページ | 草の根集会の日程 »

2016年11月21日 (月)

政務活動費の不正

 宮城県議会議長が運転代行の代金として白紙の領収書に実際より多い金額を記入して政務活動費を受け取っていたことが発覚、辞職へ。
 多くの国会議員も使用していた「白紙領収書」に関連する事件であり、地方議員の間でも幅広く利用されているようだ。
 立派な詐欺、横領の類であり、刑事事件として処理すべきもの。
 見つかったから辞めればいいという程度の問題ではない。
 政務活動費の不正は、全国に蔓延しているようだ。
 モグラ叩きのように個別に追求してもきりがない。
 一旦廃止するなど、制度の根本的見直しが必要である。

人気ブログランキングへ

|

« F-35Bステルス戦闘機の配備 | トップページ | 草の根集会の日程 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/64525856

この記事へのトラックバック一覧です: 政務活動費の不正:

« F-35Bステルス戦闘機の配備 | トップページ | 草の根集会の日程 »