« 年金の削減 | トップページ | »

2016年11月26日 (土)

配偶者控除

 配偶者控除の見直しが行われる。
 妻の年収要件を103万円以下から「150万円以下」に引き上げる一方で、夫の年収が1220万円以上になると配偶者控除がゼロになるという。
 女性の就業を後押しするという意味で一つの政策かもしれないが、他方で高所得の世帯を控除の対象から外せば、共働きでない世帯も含めて単純に増税になる。
 一方で減税し、他方で増税するということが、当たり前のように行われる。その裏には、税収減を嫌う財務省の意向があるが、これでは、例えば消費換気という政策効果は限定的になる。
 減税するときは、思い切ってやるべきで、その結果景気が良くなれば、税収は上がるはず。役所のいうことに従っていては、政治はできない。

人気ブログランキングへ

|

« 年金の削減 | トップページ | »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/64547720

この記事へのトラックバック一覧です: 配偶者控除:

« 年金の削減 | トップページ | »