« 脳のためにいいこと | トップページ | PKO »

2016年10月24日 (月)

補選

小選挙区に一つの政党から二人の候補者が出ること自体がおかしい。
 政策の違いはなく、あるのは、圧力や締め付け、お金などを使った票の奪い合い。
 有権者の自由な意思による選択とは程遠いもの。
 結局、三世の候補が圧勝。これから、長きにわたって世襲が続くのかと思うと暗澹たる思いになる。
 さらに、勝った方が政党により追加公認されるという。
 「追加公認」という言葉がマスコミでよく使われ、当たり前のように思いがちであるが、それは違う。
 公認候補かどうかは、投票の際の重要な判断基準の一つであり、後から公認では、バカにしている。

人気ブログランキングへ

|

« 脳のためにいいこと | トップページ | PKO »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

 一応形式上は“自由選挙”の形態が採られては
いますが、積極的に投票所に赴く人はいつも
“同じ”、それ故に現れる結果も、たいていは
“同じ”…
 事実上「制限選挙」の国と同等のレベルに
あると見てよいと思います。
 もともとそういう“土壌”があるうえに、
教育で「人権」、とりわけ抵抗に関する権利
を教えることを“意図的に”ネグレクトしてきた
ことが大きいのでしょう…


投稿: “制限選挙” | 2016年10月26日 (水) 13時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/64395270

この記事へのトラックバック一覧です: 補選:

« 脳のためにいいこと | トップページ | PKO »