« 白紙領収書 | トップページ | テレビ討論 »

2016年10月 9日 (日)

原発推進の意見書

 7日、山口県議会で、「原子力政策に関する意見書」が採択された。
「重要電源開発地点に指定されている上関原子力発電所の建設計画について、国及び事業者が国民の理解と立地自治体の協力を得るよう努めることが不可欠である」
 原発の安全確保に触れながら、事実上、上関原発の建設推進を求めるもの。
 普段は、市民のために働くと言いながら、いざという時には、権力の側に立ち逆に市民を裏切る政治家が多いが、今回の場合もその典型か。
 地元にはあまり影響がなく、また選挙の争点にもならないからといって、多数の陰に隠れて、市民の安全安心を脅かすような行動をとるべきではない。

人気ブログランキングへ

|

« 白紙領収書 | トップページ | テレビ討論 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

 某首相がよく口にする“静かな環境で…”云々、
 これが一番の曲者なのだろうと思います。
 “中央と地方は違う”とか、もっともらしい理屈で
 事実上とうの昔から“翼賛化”していた、
 各地の地方議会(員)の目を覆いたくなるような
 次元の低さには、今更ながら驚かされます。
 裁判員制度のように、無作為抽出された、
 一般市民で一部その機能を置き換える試みを、
 真剣に検討したほうが良いのではないでしょうか。

投稿: 「市民参加」 | 2016年10月10日 (月) 09時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/64323690

この記事へのトラックバック一覧です: 原発推進の意見書:

« 白紙領収書 | トップページ | テレビ討論 »