« 上関原発の埋立免許期間の延長 | トップページ | 米軍機の墜落 »

2016年9月21日 (水)

政務活動費の不正

 富山市議会では、不正議員の辞職願を受け取っていた議長も、不正が発覚し辞めることになり、辞職者は合計9人に。その他にも、6人の不正が分かったとのこと。
 山形県議会では、酒食などに不正支出し、一人が辞職の意向。
 宮城県議会でも、議長が、妻が経営する会社に不正支出していたという疑惑が発覚。
 各地で、オンブズマンなどが調査し、告発しているようだ。
 調査すれば、際限なく不正が明るみになる。
 このままでは、地方議会が機能不全になる。一旦、制度を廃止し、必要なら、部外の人が中心になって、そのあり方を再検討すればいい。

人気ブログランキングへ

|

« 上関原発の埋立免許期間の延長 | トップページ | 米軍機の墜落 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/64237487

この記事へのトラックバック一覧です: 政務活動費の不正:

« 上関原発の埋立免許期間の延長 | トップページ | 米軍機の墜落 »