« 意外な大物 | トップページ | アメリカの「憂慮する科学者同盟」からの要請 »

2016年8月17日 (水)

先制不使用に反対???

 オバマ大統領が検討している核兵器の「先制不使用」宣言に、安倍さんが反対しているという。
 北朝鮮に対する核抑止力が低下するといのがその理由である。
 「先制不使用」とは、相手国より先に使わないという意味であり、北朝鮮はむしろ安心して、無理やり核開発を進める必要性が薄れるのではなかろうか。逆に、先に使うと言って脅している限り、頑になり脅威は増す。
 仮にアメリカがこの宣言をするとなれば、「核兵器のない世界」の実現に向けた第一歩になるものであるが、唯一の被爆国たる日本の首相がそれにブレーキをかけるとは、情けない限り。
 「先制不使用」に反対ということは、核戦争のボタンを押すことに賛成ということ。広島、長崎のある日本の首相が言うことだろうか。
 また、その趣旨を米軍司令官に伝えたというが、専門家の意見を聞くことは大切だが、決めるのは政治の責任、首相の外交の相手方はあくまで大統領であり、軍人に直接伝えるのは筋違い。

人気ブログランキングへ

|

« 意外な大物 | トップページ | アメリカの「憂慮する科学者同盟」からの要請 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

今年2016年7月に北朝鮮から声明が出され「非核化」への5つの条件が提示されたそうです。日本ではまともに報道されていませんが。
要約すると「韓国内に米軍の核兵器を配備させるな」「北朝鮮を攻撃させるな」ということと「核兵器使用権限のある全ての軍隊の撤退」だということです。米国が本気で北朝鮮の非核化をする気があれば可能性はあるのです。北東アジアの安全保障の上で韓国と日本にある強大な米軍基地とそれを保持、利用しようとする現政権こそが障害なのではと思います。

投稿: 山口のほたる | 2016年8月19日 (金) 16時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/64074461

この記事へのトラックバック一覧です: 先制不使用に反対???:

« 意外な大物 | トップページ | アメリカの「憂慮する科学者同盟」からの要請 »