« 上関の埋立免許延長 | トップページ | 愛宕山周辺の乱開発 »

2016年8月 6日 (土)

8月6日

 広島市長の平和宣言
「核兵器廃絶と世界恒久平和の実現に向けて力を尽くす。」
 安倍首相も同趣旨の挨拶
 毎年同じ言葉が繰り返されるが、形式的で中身が伴なわない。
 唯一の被爆国として、被害の悲惨さを訴えながら、一方で、アメリカの核の傘の下にいて核兵器による抑止が必要だと言う。
 先制不使用の動きが出ると、やはり抑止力に影響が出るので反対と言う。
 これで、核兵器の廃絶に向けて努力していると言えるのだろうか。
 文字通り、唯一の被爆国として、核廃絶に向けて世界をリードする。
 日本の首相の果たすべき役割は、まさにここにある。
 憲法9条をないがしろにし、日本を戦争のできる国にすることではない。
0806

人気ブログランキングへ

|

« 上関の埋立免許延長 | トップページ | 愛宕山周辺の乱開発 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

 要するに「他人事」。
 被爆者も、遺族の方も、生々しい実体験を
経験された方々の減少に呼応するかのように
核廃絶を願う「熱意」のほうも空洞化の一途を
辿っているように思います。
 平岡さん、秋葉さんのような「熱い」使命感を
持たれた方々と同じことを望むのは、そもそも
無理であるにしても…


投稿: 「空洞化」 | 2016年8月 7日 (日) 03時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/64022020

この記事へのトラックバック一覧です: 8月6日:

« 上関の埋立免許延長 | トップページ | 愛宕山周辺の乱開発 »