« 新しい受け皿 | トップページ | 新しい受け皿 »

2016年7月22日 (金)

野党共闘について

 今回の野党共闘を評価する声が多いが、あえて言えば、私は懐疑的である。
政党が協力すれば一定の力にはなるが、政党に対するイメージが悪く、広がりが少ない。
 選挙では、多様な国民の思いを受けとめるため幅広い政策を提示する必要があるが、理念の違う政党間では、一つの政策ではまとまっても多くの政策で協力することは困難である。
 一時期、特定の政策に関する一定の抵抗勢力にはなりえても、大勢を占めることはできない。

人気ブログランキングへ

|

« 新しい受け皿 | トップページ | 新しい受け皿 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/63952411

この記事へのトラックバック一覧です: 野党共闘について:

« 新しい受け皿 | トップページ | 新しい受け皿 »