« EUの拡大 | トップページ | 父のこと »

2016年6月29日 (水)

国民投票の意味

 「勝つとは思わなかった」「扇動された」「議会制民主主義だから国民投票は行うべきではない」・・・
 今回の国民投票に対する一部否定的な評価が気になる。
 今になってEUから離脱することには相当な無理があり、国民投票はすべきではなかったというのが、一般的な感覚であろう。
 それは、国民投票それ自体が問題なのではなく、その実施時期、方法に問題があったのかもしれない。
 情報公開と徹底した議論が前提になるが、それが十分に行われていたか、あるいは、すでにその時期は過ぎていたのではないか。ことの重大性を考えれば過半数という成立要件でよかったのか・・・
 いろいろ検証すべき課題はありそうである。

人気ブログランキングへ

|

« EUの拡大 | トップページ | 父のこと »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/63842331

この記事へのトラックバック一覧です: 国民投票の意味:

« EUの拡大 | トップページ | 父のこと »