« アベノミクスについて | トップページ | 県議会一般質問 »

2016年6月11日 (土)

生長の家の方針

 6月9日に発表された「生長の家」の方針の抜粋です。
「安倍政権は民主政治の根幹をなす立憲主義を軽視し、福島第一原発事故の惨禍を省みずに原発再稼働を強行し、海外に向かっては緊張を高め、原発の技術輸出に注力するなど、私たちの信仰や信念と相容れない政策や政治運営を行い・・・
 安倍政権は、旧態依然たる経済発展至上主義を掲げるだけでなく、一内閣による憲法解釈の変更で「集団的自衛権」を行使できるとする”解釈改憲〟を強行しました。これは、中国や韓国などの周辺諸国との軋轢を増し、平和共存の道から遠ざかる可能性を生んでいます。また、報道機関に対して圧力を加え、教科書の選定に深く介入・・・
 私たちは今回、日本を再び間違った道へ進ませないために、安倍政権の政治姿勢に対して明確に「反対」の意思を表明します。この目的のため、本教団は今夏の参院選においては「与党とその候補者を支持しない」との決定を行い、ここに会員・信徒への指針として周知を訴えるものです。」

人気ブログランキングへ

|

« アベノミクスについて | トップページ | 県議会一般質問 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/63764329

この記事へのトラックバック一覧です: 生長の家の方針:

« アベノミクスについて | トップページ | 県議会一般質問 »