« 草の根集会 | トップページ | 公私混同 »

2016年5月14日 (土)

都知事の釈明

 舛添知事が疑惑について、釈明の記者会見。報道によると、その概要は、次の通り。
・ホテルで家族と宿泊した部屋で事務所関係者らと会議。誤解を招いたため約37万円を返金。
・飲食代の中に政治活動でないものがあり、約8万4000円を返金。
・画材額縁専門店への支出は、国際交流のツールとして正当。
 要するに、ホテルの宿泊、飲食などの領収書をすべて事務所に回し、政治資金から支払う。
 いろいろ言い訳をしているようだが、要するに、公私混同。
 市民政党「草の根」も、年会費や寄付で運営されているが、これを私的に使うなど考えられない。そんなことをすれば、すべての信用を失う。

人気ブログランキングへ

|

« 草の根集会 | トップページ | 公私混同 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/63624454

この記事へのトラックバック一覧です: 都知事の釈明:

« 草の根集会 | トップページ | 公私混同 »