« 公職選挙法について | トップページ | 公職選挙法(3) »

2016年5月 5日 (木)

公職選挙法(2)

 告示日までは、候補予定者の後援会を中心に政治活動(後援会活動)として、集会やチラシの配布など様々な活動が行われる。

 その際、口頭では何を言ってもそれほど問題にはならないが、形として残るチラシ(文書)は、公選法により禁止される選挙運動(事前運動)にならないように、候補予定者の名前や政策などの記載にとどめ、参議院選挙などと選挙を特定しないよう注意する必要がある。

 私の経験でも、挨拶回りなどの際には、選挙に出る意思と政策を伝え、よろしくお願いしますという趣旨の発言をする場合が多かったように思う。そうしなければ、相手に何も伝わらないから。

 インターネットを使ったSNSやメールなども、やはり選挙運動にならない限り、自由である。

05041


人気ブログランキングへ

|

« 公職選挙法について | トップページ | 公職選挙法(3) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/63586473

この記事へのトラックバック一覧です: 公職選挙法(2):

« 公職選挙法について | トップページ | 公職選挙法(3) »