« 憲法改正 | トップページ | 公職選挙法(2) »

2016年5月 4日 (水)

公職選挙法について

 参議院選挙に向けて、様々な活動が行なわれている。

 政党や組合など選挙に慣れているところは別として、普通の市民は、やはり選挙違反にならないかが気になる。

 少し私なりに整理してみる。

 まず、選挙運動は告示日以降に行われるもので、それ以前に選挙運動を行えば、事前運動として公選法違反になる。

 ここで、「選挙運動」とは、①特定の選挙において、②特定の候補者の当選を得るために、③選挙人に働きかける行為を言う。

 この三要素に該当しない限り、告示日前に、ビラ、チラシの配布や集会などを通じて、候補予定者の氏名や経歴、政策などを紹介、宣伝することは自由である。 

人気ブログランキングへ

|

« 憲法改正 | トップページ | 公職選挙法(2) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

 少し話は違うのですが、今日の基地解放関連での
バス時刻を確認しようとホームページを開いた
ところ、今年1月にいわくにバスが貸切バス事業の
事業許可の取消処分を受けていたらしいのですが…。
 貸切バス事業といえば、つい先日も長野で重大事故が発生したばかりのこともあり、市の監督責任を含め、単にああそうでしたかで済む話ではないと思うのですが…。

投稿: 市民 | 2016年5月 5日 (木) 07時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/63581641

この記事へのトラックバック一覧です: 公職選挙法について:

« 憲法改正 | トップページ | 公職選挙法(2) »