« 草の根大会挨拶 | トップページ | オバマ大統領の広島訪問(2) »

2016年5月28日 (土)

オバマ大統領の広島訪問

 アメリカ大統領としての初めての歴史的訪問であり、いろいろな意見はあるにしても、率直に評価したい。
 注目のスピーチについて、重要な部分を私なりに抜粋してみる。
「We come to mourn the dead, including over 100,000 Japanese men, women, and children. Thousands of Koreans, a dozen Americans held in prison. 」
(10万人を超える日本人、数千人の朝鮮半島出身者、数十人のアメリカ人捕虜などの犠牲者を追悼するために広島に来た。)
「nations, and the alliances that we form, must possess the means to defend ourselves.
 But among those nations like my own who hold nuclear stockpiles, we must have the courage to escape the logic of fear, and pursue a world without them.」
(国家と、それらの間で結ぶ同盟は、自分たちを守る術を持たなければならないのです。
しかし、わが国アメリカのように、核兵器をみずから持つ国は、恐怖の論理から脱する勇気を持ち、核兵器のない世界を追求しなければなりません。)
「That is a future we can choose, a future in which Hiroshima and Nagasaki, are known not as the dawn of atomic warfare, but as the start of our own moral awakening.」
(未来においては、広島と長崎は、核戦争の夜明けとしてではなく、私たち自身の道徳的な目覚めの始まりとして知られるだろう。)

人気ブログランキングへ

|

« 草の根大会挨拶 | トップページ | オバマ大統領の広島訪問(2) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/63697339

この記事へのトラックバック一覧です: オバマ大統領の広島訪問:

« 草の根大会挨拶 | トップページ | オバマ大統領の広島訪問(2) »