« ミナセン地区集会 | トップページ | 歴史教科書 »

2016年2月18日 (木)

丸山和也の発言

 報道によると、その発言要旨は、次の通りだという。

「日本が米国の51番目の州になることについて憲法上、どのような問題があるのか。そうすると集団的自衛権、日米安保条約も問題にならない。拉致問題すら起こっていないだろう。米下院は人口比例で配分され、「日本州」は最大の選出数になる。日本人が米国の大統領になる可能性がある。例えば米国は黒人が大統領だ。これは奴隷ですよ。当初の時代に黒人、奴隷が大統領になるとは考えもしない。これだけダイナミックな変革をしていく国だ。」
「奴隷が大統領になる」というくだりは論外であるが、「日本が米国の51番目の州になること」を進めている前半部分も異常である。ここまで従属意識が強いのかと呆れる。
弁護士だというが、議員のレベルの低さが目につく。
0218

人気ブログランキングへ

|

« ミナセン地区集会 | トップページ | 歴史教科書 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/63232260

この記事へのトラックバック一覧です: 丸山和也の発言:

« ミナセン地区集会 | トップページ | 歴史教科書 »