« 新年に当たって | トップページ | 初詣 »

2016年1月 1日 (金)

再編交付金の使い道

 岩国市報の新年号に、「基地とのかかわり」と題して、再編交付金(空母艦載機の岩国移駐を容認したことにより、毎年十数億円が交付される)の使い道として、たくさんの事業が写真入りで紹介されている。

 はっきり言って異常である。
 再編交付金は、自治体に米軍再編を受け入れさせるためのいわゆる「アメ」であり、米軍再編に伴う負担を隠して、国のためにアメを市民に大々的に宣伝しているのである。まるで、国の出先機関のよう。
 そもそも、交付金は一般財源であり、お金に色は付いていない。
 さらに、こうした事業は、再編交付金がなくても、他省庁の補助金などを使いどこの自治体でも実施しているもので、特に目新しいものではない。  現実に、この間、市民の生活はちっともよくなっていない。

人気ブログランキングへ

|

« 新年に当たって | トップページ | 初詣 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/62985292

この記事へのトラックバック一覧です: 再編交付金の使い道 :

« 新年に当たって | トップページ | 初詣 »