« 岩国市長選 | トップページ | 甘利大臣の疑惑 »

2016年1月25日 (月)

宜野湾市長選

 宜野湾市長戦で与党系の候補が勝ったことを受けて、政府は、辺野古移設をさらに進める意向のようである。
 しかし、辺野古移設で大切なのは、実際に被害を受けることになる名護の市民と市長の意思であり、さらに沖縄県民と知事の意思である。
 いつものことであるが、ディズニーの誘致をはじめとする露骨な政府の介入があったことを忘れてはならない。

人気ブログランキングへ

|

« 岩国市長選 | トップページ | 甘利大臣の疑惑 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

 沖縄は、やがては「琉球王国を取り戻し」一主権国家として歩み出す日を迎えることが出来れば、それがより
望ましいのではないのでしょうか。沈みつつあるヤマトの国が、自国民に対して既にそうしつつあるように、
周縁の地として差別的待遇を強要し続けている沖縄に、その搾取の手を強めこそすれ、その反対は考え難い
ように思われます。基地の問題にしても、日本政府を排除して「沖米関係」の問題として交渉したほうが、
沖縄にとってより好ましい条件での協議が可能なように思われます。
 米軍が駐留する経費の負担を削減するだけでも、米側が沖縄駐留を必要最低限に抑えようとするでしょうから。
 独立琉球国は、ユーラシア大陸への玄関口として、開かれた台湾などとともに、南西諸島連邦として新たな
環太平洋の時代を切り拓いてゆく…
 考えただけでも胸が踊るような未来で… おっと、もちろんこれは沖縄の人たちの完全な自己決定権を
前提にしての話ですが… 。

投稿:  琉球の風 | 2016年1月26日 (火) 08時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/63121734

この記事へのトラックバック一覧です: 宜野湾市長選:

« 岩国市長選 | トップページ | 甘利大臣の疑惑 »