« 期日前投票 | トップページ | 宜野湾市長選 »

2016年1月24日 (日)

岩国市長選

 選挙が終わった。

 今回は、市の職員組合をはじめ連合まで支援に回り、組織選挙が勝ったということか。
 投票率が47%と大幅に低下したことが気になる。

人気ブログランキングへ

|

« 期日前投票 | トップページ | 宜野湾市長選 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

 
 市職員のかたが、核実験に抗議して市民会館の前で座り込みをされていたのは、いつのころまでだった
でしょうか。正職員の賃金体系の見直しではなく、非正規職員を大量に利用することによって総体としての
「人件費の抑制 」を図ることが当然の流れとして定着してきた頃から、まあ、自分の会社だけ良ければ良い
「 いかにも、連合 」らしい人々になってきたなぁ、とは感じていましたので、別段不思議には思いません。
 不思議はないといえば、「 敗因 」にもやはり不思議ははないのであって、なぜ現職のような人物が「 市長 」
になることが出来たのか、彼の後ろに並んでバンザイをする、あの、人相の悪い人達は誰なのか、そもそも、
相手方の獲得可能な票数は、毎回ほぼ「 固定 」していて、それを上回るには「 固定 」以外の人々から
幅広く集票しなければならないのに、なぜ永遠に「 大寒の時期に 」選挙をし続けなけばならない状況を
作り出してしまうという選択があったのか…。
 個人的には今の市長が、その後ろ楯である「 業者団体 」の意向を忠実に反映して「 国 」に迎合した結果、岩国が
「 慌てるこ… は、貰いが少ない 」の、典型例に嵌まっている点を指摘して「 パイプ 」のほか能がない
現職を攻め立てても良かったのではないかと思います。
 交渉の主導権を安易に「 国 」に明け渡すことがなければ、愛宕山に「 米軍住宅 」ではなく、
「 ディズニーランド 」が出来ていたかも知れないのですから…。
 

投稿:  傀儡市政 | 2016年1月26日 (火) 02時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/63115423

この記事へのトラックバック一覧です: 岩国市長選:

« 期日前投票 | トップページ | 宜野湾市長選 »