« 野党共闘 | トップページ | 行政と議会の関係 »

2015年12月10日 (木)

軽減税率

 軽減税率の適用範囲が決まったようだ。

 低所得者の負担が重くなるという消費税の逆進性を緩和するために、生活必需品に軽減税率を適用することはヨーロッパなどでは一般的であり、日本でも、むしろ消費税創設の当初から導入すべき制度であった。
 しかし、今回の決定に至るドタバタを見ていると、本質的議論はそっちのけ、この人たちは選挙のことしか考えていないのだなと淋しくなる。
 また、1兆円の財源不足という議論が専らであるが、これはおかしい。
 そもそも幅が縮小されるだけで全体ではまぎれもない増税であることを忘れてもらっては困る。
 さらに全体の税収も増加している状況を考えれば、必要な社会保障予算はきちんと確保すべき。

人気ブログランキングへ

|

« 野党共闘 | トップページ | 行政と議会の関係 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

 笑福亭鶴瓶さん。
「 いま、いったい我々は何のために税金を払っているんや?」
 原点からこの問いを突き詰めることが、あらゆる「解」に結び付くのではないでしょうか。


投稿: 赤富士 | 2015年12月10日 (木) 23時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/62845103

この記事へのトラックバック一覧です: 軽減税率:

« 野党共闘 | トップページ | 行政と議会の関係 »