« 来年度予算   | トップページ | 宿命 »

2015年12月29日 (火)

日韓の関係

 日韓の間で懸案になっていた従軍慰安婦問題について一定の合意がなされたようだ。これで両国の関係が改善に向かうのであれば、望ましいことである。
 しかし、今回は、アメリカの意向もあり、両国政府が妥協した結果であり、曖昧な点が多く残されているし、国民の視点が抜けている。
 大切なことは、この問題に関する責任の所在を明らかにし、それに基づいてやるべきことを明確にすることであり、それなくして、両国の国民の本当の和解にはならない。
「私たちの子や孫、その先の世代の子供たちに謝罪し続ける宿命を背負わせるわけにはいかない」
 安倍さんの発言であるが、「悪い宿命」と位置づける感覚が違う。
 歴史をきちんと認めた上で、世代を超えて謝罪の気持ちを持つことが大切であり、それにより初めて新しい関係を築くことができる。そして、先方から謝罪を求める必要もなくなる。

人気ブログランキングへ

|

« 来年度予算   | トップページ | 宿命 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/62957873

この記事へのトラックバック一覧です: 日韓の関係:

« 来年度予算   | トップページ | 宿命 »