« 民主党の解党論 | トップページ | 景気悪化? »

2015年11月15日 (日)

フランスのテロ

フランスで大規模なテロが発生した。
もちろん、テロは許されないことだが、アメリカやフランスの中東に対する介入が続く限り、こうした報復も繰り返される。
相手にとっては、宗教戦争の様相を帯び始めており、力で押さえつけることは不可能であり、下手をすれば世界戦争になりかねない。
日本も、安全保障法の下でこうした紛争に巻き込まれる危険性が大きくなっている。
日本の役割は、一方に与するのではなく、平和国家として中立的な立場で双方を仲介すること。
積極的平和主義という軽い言葉で、日本を危険に陥れる愚は避けるべき。

人気ブログランキングへ

|

« 民主党の解党論 | トップページ | 景気悪化? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/62684564

この記事へのトラックバック一覧です: フランスのテロ:

« 民主党の解党論 | トップページ | 景気悪化? »