« 山本太郎の講演 | トップページ | フランスのテロ »

2015年11月14日 (土)

民主党の解党論

  民主党の解党論が出てきた。

 その急先鋒の前原さんが、テレビ番組で、安全保障関連法の廃止について問われ、次のような趣旨を述べていた。
「出来の悪い法律だけど、日米で合意したガイドラインを実施するために必要なものである。民主党として、「廃止」で方針決定したことはない。見直しで対応する・・・」
 夏の国会で、若手を中心にして、あれほど違憲性を攻撃してきたのに、安全保障法を認めるという。
 これほどの理念の違いを抱えていては、とても多くの国民の声の受け皿にはなれない。前原さんたちとは違う意味で、民主党は一度解党して出直した方がいい。
1115

人気ブログランキングへ

|

« 山本太郎の講演 | トップページ | フランスのテロ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

 以前、何かの手記で前原氏が、「いよいよこれから自分も“政財界”に入るのだと思った」といった内容の文章を書いておられたのを思い出しました。
 本来、現在の与党と寸分違わぬ思想信条の持ち主で
あるにも拘わらず、そちらと“合流”しないのは、単に個人的な“出世欲、名誉欲”故でしかないのでは、と思います。
 思えば“民主党政権”は身内に多数の“内通者”を抱え込んだ、それだけで脆弱な政権でした。
 欧米諸国の基準で言えば、自民党は明確な「右派」(現首相は「極右」)。まず、このことを明確に定義することが重要。
 現在の自公政権は、富裕層の権益を維持し続けるために、国内に“第三世界”の国民を意図的に作り出そうとしているかのようにさえ見えます。
 欧州左派をひとつの手本に、社会的公平の実現、階級格差の是正を軸とした、新鮮なメルクマールを掲げる政党に脱皮して欲しいものだと思います。

 

投稿: さよならイエスタディ | 2015年11月21日 (土) 03時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/62677514

この記事へのトラックバック一覧です: 民主党の解党論:

« 山本太郎の講演 | トップページ | フランスのテロ »