« ハロウィンの狂騒 | トップページ | 南シナ海 »

2015年11月 2日 (月)

日中韓の関係

 久し振りに三国の首脳会談が開かれたが、予想された通り、相互の信頼関係を回復するには至らなかったようだ。

 安倍さん「特定の過去にばかり焦点を当てる姿勢は生産的でない」
 この間の関係悪化の責任を、一方的に相手側に押し付けようとするかの発言である。  マスコミにも同様な論調があるが、こうした発想がそもそも問題なのである。
 安倍さんを筆頭に、日本が両国の国民に大きな被害を与えた加害者であることを認めたくない一部の政治家の存在が、三国の信頼関係を著しく傷つけているのである。
 近隣諸国との友好関係さえまともに築けないような外交は、国益に反する。
 一刻も早く、退場すべき。
1102

人気ブログランキングへ

|

« ハロウィンの狂騒 | トップページ | 南シナ海 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/62602482

この記事へのトラックバック一覧です: 日中韓の関係:

« ハロウィンの狂騒 | トップページ | 南シナ海 »