« 辺野古埋立承認の取り消し(3)  ー執行停止は違法ー | トップページ | 審査請求、官房長官の反論 »

2015年10月21日 (水)

審査請求に対する弁明書

 辺野古埋立承認取消処分に対する審査請求に関して、沖縄県知事から国土交通省に対して、次のような趣旨の弁明書が提出されたとのこと。

「内閣の一員である国土交通大臣への審査請求は不当で、却下すべきだ」
 防衛と国土交通大臣は安倍内閣の一員であり、公正な審査ができるはずもなく、知事の主張は当然である。
 もっと言えば、国は行政不服審査法の対象ではなく、審査請求自体が違法であり、弁明などの手続きに従う必要はない。
 仮に、国土交通大臣の裁決や執行停止が行われた場合には、直ちに裁判所の判断を求めるべきである。
10202

人気ブログランキングへ

|

« 辺野古埋立承認の取り消し(3)  ー執行停止は違法ー | トップページ | 審査請求、官房長官の反論 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/62523390

この記事へのトラックバック一覧です: 審査請求に対する弁明書:

« 辺野古埋立承認の取り消し(3)  ー執行停止は違法ー | トップページ | 審査請求、官房長官の反論 »