« 国会議員の不祥事 | トップページ | 集団的自衛権のイメージ »

2015年8月21日 (金)

安保法案の国会審議

蓮舫さんの質問に安倍さんがまた苛立ちを見せたようだが、国会審議を見ていて野次を飛ばしたいのはこちらである。繰り返しにすれ違い、いくら審議しても議論が煮詰まらない。
 この法案の違憲性が最も重要な論点になるはずだが、野党も違憲だ、違憲だと叫ぶばかりで突っ込みが甘く、政府の論理を崩せていない。
 9条のもとでの自衛の権利に関する従来の考え方は変わっておらず、今回の集団的自衛権の行使はその枠内にあるとする政府の主張は、まったくのへ理屈である。
 我が国が実際に攻撃されるという極限的場合に限り武力行使を認める従来の基本論理を大きくはみ出していることは明らかであり、具体的に詰めれば法制局長官を論破できないはずはない。
 代理で質問させてくれないかな・・・
故郷の川
0821

人気ブログランキングへ

|

« 国会議員の不祥事 | トップページ | 集団的自衛権のイメージ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/62130408

この記事へのトラックバック一覧です: 安保法案の国会審議:

« 国会議員の不祥事 | トップページ | 集団的自衛権のイメージ »