« 地区集会の開催 | トップページ | ブルーベリー »

2015年8月 6日 (木)

広島平和式典

「我が国は唯一の戦争被爆国として、現実的で実践的な取組を着実に積み重ねていくことにより、「核兵器のない世界」を実現する重要な使命があります。また、核兵器の非人道性を世代と国境を越えて広める務めがあります。
 特に本年は、被爆七十年という節目の年であります。核兵器不拡散条約(NPT)運用検討会議では、残念ながら、最終合意には至りませんでしたが、・・・「核兵器のない世界」の実現に向けて、一層の努力を積み重ねていく決意です。この決意を表明するため、本年秋の国連総会では新たな核兵器廃絶決議案を提出いたします」
 平和式典における安倍さんの演説の一部である。
 唯一の被爆国として「核のない世界」を目指す重要な使命を強調する。表の顔である。一方では、核の傘のもとでアメリカに遠慮しながらものを言う。悲しいかな、これが、現実の姿である。

人気ブログランキングへ

|

« 地区集会の開催 | トップページ | ブルーベリー »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/62032806

この記事へのトラックバック一覧です: 広島平和式典:

« 地区集会の開催 | トップページ | ブルーベリー »