« 戦後70年談話 | トップページ | 総理の記者会見 »

2015年8月15日 (土)

戦後70年談話(2)

 先の戦争が朝鮮半島や中国大陸への侵略であり、多くの人の命や生活を奪ったことは紛れもない事実である。

 そして、数百万人の同胞の命も奪われたのである。
 進むべき道を誤った反省と責任、そして、被害を受けた人々に対するお詫びの気持ち、これらを私たちの共通の思いとして戦後の日本が始まったのである。
 ところが、古い日本への回帰を目指すのか一部の政治家たちは、こうした戦後の流れに反する立場を取っており、安倍さんは、その筆頭である。
選挙で信任を得ているとはいえ、多くの国民の思いとはかけ離れた考え方を持つ特異な一人の首相により、近隣諸国との誤解が深まることは残念である。
 「子や孫、その先の世代の子どもたちに、謝罪を続ける宿命を背負わせてはなりません」
 この部分に安倍さんの本音が、端的に表れている。
「謝罪などしたくない」という本心が、「宿命」という言葉に込められている。
 宿命とは避けることができない運命という意味であるが、謝罪は、宿命ではなく、私たちが歴史に向き合う中から自発的に行うものである。
0815

人気ブログランキングへ

|

« 戦後70年談話 | トップページ | 総理の記者会見 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

 この“談話”の主たる対象として意識されているのは、
要するに“アメリカ”であり、自国民やアジア諸国など、
全くの“脇役”でしかないというと言うことです。
 彼の脳内で、もし「謝罪」する相手があるとすれば
それは韓国でも中国でも、まして彼の祖父を始めと
した連中が「塗炭の苦しみ」を強要した日本国民でも
なく、“不本意だった”が“挑戦者”として歯向かった、
「アメリカしか」あり得ないのです。
 これからは“積極的平和主義”で「地獄の果てまで」
一層精進してお供しますので、日本と、とりわけ
僕ちゃんたちの「支配体制」を末永くよろしくね…
 そのことを「アメリカに」懇願しているだけの残念
なお話です。

投稿: あさがお | 2015年8月16日 (日) 23時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/62090327

この記事へのトラックバック一覧です: 戦後70年談話(2):

« 戦後70年談話 | トップページ | 総理の記者会見 »