« 川内原発の再稼働 | トップページ | 戦後70年談話 »

2015年8月13日 (木)

初めての経験

 母の付き添いで初めて救急車に乗る。
 運転手と助手席、患者のそばにもう一人、計3人が乗車。
 停車する車を避け、赤信号を抜けていく。さすがに早く、錦町から旧国病まで所要時間約50分、時間通りに到着。
 感心したのは、母の側の救急救命士、病気の状況を聞き取り、脈を取り、血圧を測る。単に搬送するだけでなく、常に、患者の状況を注意深く見守り、病院側に引き継ぐ。側で見ていて、安心感がある。
 ただ、道が曲がりくねり、路面もあまりよくなかったのか、私は、まもなく血の気が引き、あぶら汗をかく、つらい時間であった。

人気ブログランキングへ

|

« 川内原発の再稼働 | トップページ | 戦後70年談話 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/62077468

この記事へのトラックバック一覧です: 初めての経験:

« 川内原発の再稼働 | トップページ | 戦後70年談話 »