« 安保法案の廃案を求める声 | トップページ | 存立危機事態 »

2015年8月25日 (火)

積極的平和の意味

 来日したノルウェーの平和学者、ガルトゥング博士の発言より。

「おそらく安倍首相の言う『積極的平和主義』は日米の軍事的な同盟をベースとしており、日本が米国の戦争を一緒に戦うことになる。私の『積極的平和』と中身は違う」
 集団的自衛権の行使について、『世界の潮流に逆行する「時代遅れの安全保障」。軍拡は他国を刺激し、戦争につながる可能性もある。北東アジアの平和の傘構想を沖縄から積極的に提起していくべきだ』。
 ガルトゥング博士は、単純に戦争のない状態を「消極的平和」とする一方、貧困や差別などを構造的な暴力ととらえ、これらのない社会状況を「積極的平和(positive peace)」と定義。
 安倍さんの言う「積極的平和主義」(proactive contribution to peace) は、平和への道では決してないことがよくわかる。「by military force」と付け加えた方がいい。
0825

人気ブログランキングへ

|

« 安保法案の廃案を求める声 | トップページ | 存立危機事態 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/62156377

この記事へのトラックバック一覧です: 積極的平和の意味:

« 安保法案の廃案を求める声 | トップページ | 存立危機事態 »